上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

ケリの旅立ち

タイトルでピーンときた方。
そおです。ケリの可哀相なお話です。
1月31日の写真です。


一生懸命餌を探す

干上がった川には、ケリもきて餌をついばんでいました。
(ボケています)

普段は田んぼや畑にいて、川では見たことありませんでした。
きっと干上がった川底に、つられてやってきたのでしょうね。




餌を食べる

生きる為、明日の為、餌を必死で食べていました。


川のケリ

私は、久しぶりにケリの姿を近くで見れて嬉しかったんです。
なのに この時すでに、彼(彼女?)の運命は決まっていたのでしょうか・・・。


ただの食物連鎖の一部なのですが、でも そう思わずにはいられないんです。
もし川が干上がらなかったら、ここに来ることもなかったし
もし、ここに来なければ、もうちょっと生きられたのかな~。


ケリの旅立ち

2月4日に川へ行ってみれば、川の中州に残骸が・・・。
羽の真ん中に縦に転がる黄色の足と、羽の色からしてケリではないかと。

これさえ見なければ、ケリの姿が見えないのは川が元にもどって
また田んぼに帰ったんだなぁと、思っていられたんですけどね。



ヌートリア

同じ日の2月4日には、川は7割がた復活していました。
雨も降らないのになぜ??? やっぱり上で誰か塞き止めてるのかな?(謎)

水と共に変なものまでやってきてました。
見づらい写真ですが、ヌートリア?(ねずみ目)でしょうか。


ヌートリア2

まさか、こいつがケリをと思ったんですが、どうやら草食のようです。
こいつは侵略的外来種とやらで、かなりの悪党のようです。

ねずみ目なので、ねずみ算的に増えるのでしょうか?
困ったやつがいたもんです^^;



スポンサーサイト

6 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。